ひなたぼっこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 宣告まで

<<   作成日時 : 2015/05/22 18:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2月18日

健康診断の結果が届く。
要検査で紹介状が同封されていて局所的非対称陰影と書いてあるがよくわからない。
ネットで調べてみると、マンモグラフィーで映る乳腺の陰が左右で対称でない、ということらしい。
乳腺が白化しているだけのこともあるし、腫瘍の可能性もあるらしい。でも触診では異常なし。
翌日、同僚にその話をしたら「年も年だし、専門医でみてもらって安心したら」というアドバイスを受け乳腺専門のクリニックを探して予約をした。
健康診断で要検査なんてもらったのは初めてのことだったので自分も安心したいという気持ちで焦っていてすぐに行動したんだと思う。



2月20日

午後休してクリニックを受診。
マンモグラフィーの後、エコーしている時に先生の表情が険しくなった。

「癌です」  いきなりの宣告

「あ、そうなんですか」とは言ってみたものの頭真っ白。
病理組織検査のため、局所麻酔を打たれ、マンモトーム生検で組織を抽出。
これがかなり痛かった。
傷跡と組織をとられた後の表面の皮膚の赤黒いアザのようなものは消えるまでに2ヶ月かかった。

晴天の霹靂とはこういうことをいうのでしょうか。
風邪もインフルエンザにも罹らない私が癌?
仕事はどうするの? 治るの? 癌の転移は? 今の生活はどうなるの?  
いろんな思考が頭を巡ってきて最後には「これが現実、受け入れるしかないよね」と思った。
でも病院でて近くにある公園のベンチに座っていたら涙があふれてきた。
なんで私が!っていう気持ちが押し寄せてきた。


1人の時にしか泣けなかった。
お風呂の中、ベッドの中、電車に乗っている時…。
他の人の前で泣いても周りが困るだけ。泣いても治らないしね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は自分の「結婚式のしおり」(ほとんど同人誌と化している
数10ページの本)の中で、
『もし自分が重大な病気に罹ったら、隠さずに真実を伝える
こと.相手の正体がわかってこそ戦えるというもの』
と妻に宣言しました.

今回癌だとはっきり伝えてくれた医者には感謝しましょう.
単なる腫瘍です、なんて言われたら守りも攻めもおろそかに
なってしまいます.
敵の正体が明確になったら「お前なんかに絶対負けないぞ」
と強い意志を持って戦えます.
まねき猫さんだったら大丈夫、敵を撃ち落とせます.

もう手術も終って、いきなり善光寺参りまで行けるんだから
良好なんですよね.
来月からお仕事も復帰ですか?
トースケ
2015/05/23 01:08
☆トースケさん
ありがとうございます。
どんな顔を持った癌細胞なのか、治療法は何をすれば高い効果が得られるのか、ということを主治医は丁寧に説明してくれたので自分でどう治療していきたいかが明確になりました。
私の戦いはまだ当分続きますが負けませんよ!

休職は訳あって延長しました。
まねき猫
2015/05/26 08:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
宣告まで ひなたぼっこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる